まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS タッチシャッターって・・・

<<   作成日時 : 2010/03/21 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

20日はカメラ雑誌の発売日

ワタシは定期的に買うカメラ雑誌はないのですが、気になる記事が載ってたりするとつい購入してしまいます
今日も仕事帰りに本屋に立ち寄り、数誌をパラパラとめくってきました
その中でちょっと気になったのはCAPA
巻頭特集で「新しい時代を拓いたカメラたち」と言う記事が載っていましたが、内容はともかくとしてカメラ機種名の誤植が多すぎる!!
しかも記事内じゃなく見出しにあるのですから、もっと校正をきちっとやって欲しいものです

さて今月はCP+に合わせて新機種がたくさん発表されたので、それらの記事も多いです
注目はやはりペンタックス645Dですが、ここではパナソニックのLUMIX DMC-G2を取り上げてみたいと思います
このG2、一眼初のタッチパネル搭載でCP+でも大々的にアピールしていました
その中にタッチシャッターという機能があります
タッチパネルで好きなところに触れると、そこにピントを合わせてシャッターが切れるという機能で、ワタシもCP+で体験してきました
各カメラ雑誌でも「使いやすい」とか「この楽しさを知ると元に戻れない」とか絶賛しています
これってそんなに使いやすいでしょうか?
コンデジ程度の大きさならいざ知らず、ましてやズームレンズを付けたボディではズームするたびにいちいち持ち替えなければなりません
しかも望遠側ではかなり手振れに気を使わなければならないでしょう
個人的には全然使いやすそうに感じないのですが・・・
メニュー画面がタッチパネル操作で直感的に選べるというのはいいと思います
しかし片手で持ちながらタッチでシャッターを切るというのは見かけだけの使いやすさや目新しさを狙っただけのような気がして仕方がありません

以前ニコンのコンデジで「しっかり握って、しっかり撮れる」というキャッチフレーズで売っていた機種があります
たぶん単三電池仕様でボディが分厚く、他社のように薄くできなかったが故の苦肉の策のような気がしますが、どんなカメラでもしっかり持つのは基本だと思います
フォトグラファーによるカメラ講座などでも最初に習う事だと思います
便利さばかりに目を向けすぎてもどうかと思うのですが・・・
ま、こんなこと書いても頭の固いカメラヲタクの戯言にしか聞こえないでしょうが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タッチシャッターについて激しく同意します
あんなもののどこが便利なのでしょう
最近はファインダーレスが当たり前になり
構えが中途半端になるので手振れ補正が必須です
コンデジならともかく一眼はまだダメです
ちゃんと構えられないから機能で防ぐのでは本末転倒です
まずは基本が大事
何事も便利になるのは良くありません
一例が車です
すでにATが当たり前ですが一部の人たちはルーズになりすぎ何故か停まるのが面倒なようです
左折する車を右折レーンから追い越したり赤信号の交差点をコンビニを使ってやり過ごしたり・・・
見ていて非常に不愉快です
車とカメラを同列には語れませんがまずは機能に頼らずどうすれば手振れしないかなど考えて使ってほしいです
わーるういんど
2010/03/22 00:24
AFにしろAEにしろ便利になるのは悪い事じゃないとは思いますが、タッチシャッターはどうなんですかねぇ・・・
ワタシ的にはライブビューで頭上に掲げて撮る時にピントが合わせやすいくらいの用途しか思いつきません
ライブビューですらめったに使わないですからね
CP+でも見かけましたが、未だにライブビューで人物を撮っている光景に違和感を覚えます
まさかど
2010/03/22 09:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
タッチシャッターって・・・ まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる