まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニーから新デジイチ登場!

<<   作成日時 : 2010/08/25 10:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日ソニーから新しいデジタル一眼カメラが発表されました

a55・a33の新しいシリーズです
CP+でモックが展示されていたカメラの“メインストリーム機”と言われる方ですね

画像
CP+より

このシリーズの最大の特徴は
「トランスルーセントミラー・テクノロジー」
と呼ばれるもので、ミラーに透過型ミラーを採用し常に撮像素子とAFセンサーに光を送り続けるという事です
以前EOSで固定式ペリクルミラーを搭載して極限まで連写スピードを上げたフィルム機がありましたが、あれと同じような発想でしょうか?

a55・a33ではファインダーはEVFとし、ミラーはAFセンサーにしか光を送りません
初めて聞いた時には「それでミラーをつける意味あるの?ミラーレスじゃダメなの?」と感じましたが、位相差AFが常時可能になるので、特に動画では威力を発揮しそうです
また動体撮影でもいわゆる予測駆動AFではなく、常に本物の像でAFできるのでメリット大になると思います
最大の懸念はやはりEVFですが、一応ソニーが売りにしているようにファインダーを覗いたまま仕上がりシュミレーションされた像を見ることができるというのは面白いです
さらに光学ファインダーでは何も見えないような暗闇でも、EVFでは撮影対象が確認できるというのはメリットになりそうです
ミラーアップによるブラックアウトはないと思いますが、画像処理&保存中もファインダーは見えるのでしょうかね?
ミラーレス機では若干表示が遅いような気がしていましたが・・・
そのあたりも使い勝手に影響を与えそうです

デザインに関する記者の質問に「一眼レフのデザインは完成の域に来ており、大きく変えるのはどうか」と従来のカメラの伝統を大事にする発言があったこともうれしいです
またすべてこのタイプになるのかとの質問にも「活用していきたいが、マーケットからのペンタプリズム排除はない」とも発言していました
同日に海外向けに今までの機種のマイチェン版も発表しているようなので、まだまだ既存のモデルにも注力していくようです

夏前にNEX、今回メインストリーム機と来たので、年内にはもう一つのモックアップの中級機がお目見えしそうです
ソニーのカメラははっきり言って興味を引かれるものがあまりなかったのですが、今回の新シリーズはソニーらしさというかソニーの技術を生かした物になっていて、なかなか面白い機種になっていると思います
ただ、ミラーが動かなくなってメカの雰囲気がなくなっていくのはちょっと寂しいですね・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソニーから新デジイチ登場! まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる