まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS CP+に行って来ました 後編

<<   作成日時 : 2011/02/13 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

CP+後編はコンデジ系各社から

まずはPanasonic
画像
ですがパナはほぼ素通り

画像
衣装が金色からガラッと変わりましたね

続いてFUJIFILM
画像
今年のフジの注目は・・・

画像
クラシカルなスタイルの高級コンデジX100
タッチ&トライコーナーには長蛇の列で30〜40分待ち
触るだけなら三脚に据えてある方が早いということでそちらを見てみました
新機能の光学ファインダーと液晶ファインダーが切り替えられる機能は一瞬で切り替わります
見た目もそんなに悪くなく違和感はあまりなさそうです
サンプルのプリントを見てもかなりきれいに写ってます

画像
X100とおねーさんを2ショットで

続いてRICOH
画像
リコーの注目は

画像
GXRのライカMマウントユニット
撮像素子一体のユニットにライカレンズ用が登場
ミラーレス機登場以降アダプターでオールドレンズを楽しむ人が増えていますが、そういった流れの一つでしょうか?

画像
白メインでシンプルな衣装
しかし下はタイトな黒いミニスカートで一部のマニアが喜びそう?
そうそうリコーのコンパニオンと言えば眼鏡をかけてる娘が多くて、ちょっと聞いたら皆で相談して決めたそうです
反射防止のためなのか眼鏡をずらしてくれるのがカワイイです
この娘はかけてませんでしたね

お次はCASIO
画像
カシオは写真が絵になるような機能を大々的に出してましたが・・・
ワタシは絵じゃなくて写真を撮りたいのでパス

画像
ステージはローライダーを据えてガレージ風の作りに

画像

続いてレンズメーカー系でまずはSIGMA
画像
いつもの真っ白なブース

画像
注目はSD1
FOVEONセンサー搭載で独自路線のシグマ
SD1でセンサーサイズも標準的なAPS-Cのサイズになりました
レンズが試せるコーナーが人気でした

こちらはレンズ専業のTAMRON
画像
昨年も評判のレンズを何本か出してました

画像
この娘だったかな、瞬きが異常に多くて半分くらいの枚数眼を瞑ってました

最後はその他もろもろ
まずは液晶モニターのEIZO
液晶モニターもそろそろワイドのいいやつに替えたいと思ってますが、モニターの写真を載せても仕方がありません
という事でコンパニオン3連発
なんか衣装がツボにはまったというか、なぜか撮った枚数が多い
画像


画像


画像

用品関係のETSUMI
画像
フォト女というテーマで女性向け写真用品をアピール
ここ数年でカメラを持つ女性が急増しているので、メーカーも積極的に取り入れています

最後は日本写真映像用品工業会
画像
あまり貰っていく人がいないのか、大きな声で呼び込みしていました
このカタログを貰うと荷物がズシッと重くなるので気持ちはわかりますが・・・
あ、ちゃんと貰ってきましたよ

今年は昨年中に一通り新機種が出てしまっているせいか目玉があまりなかったでしょうか?
キヤノンは以前のメリーゴーラウンドやコーヒーカップのような大々的なステージがありませんでしたし
キヤノンとニコンのセミナーは相変わらずの集客力でしたね
ワタシも米さんのセミナー見たかったですが、時間を把握していなかったので行った時にはすごい状態に
帰ってきてから写真を見ると、ほとんどおねーさんを撮りに行ってただけみたいでした
モーターショーと違って展示物はあまり撮れないので仕方ないですが・・・

今年は昨日の記事に出したソニーの中級機や、ニコンのD3系プロ機、D700・D300後継などの話が出てくると思います
CP+になって開催場所が横浜になってしまったのでそろそろ行かなくてもいいかなと思っていたのですが、また来年D3後継機とか出てたら行ってしまいそうです

機材
 Nikon D300
 Nikon AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
 Nikon SB-600

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
近頃(ここ何年か)富士フイルムには驚かされますね。
今の時代に
35oFILMのクラッセ
中判FILMのGF670
Dediでは
3Dカメラと・・・
今回のX100
他と違うと言う意味で面白いと思います。
けど、やっぱりちょっとX100高い(過ぎ)かな?
ファインダーや外観(遊び心?)が凄い・・とは言え※中身は単なるコンパクトデジですよね(?)

そこで遊び心と言う点で(※個人的な趣味で)
ココまでやってくれたらを幾つか・・・
1.当然MF撮影が出来ると言う事でファインダーをレンジファインダーに.
2.背面液晶には外観と同じレザー張りのカバーを
3.3コマとか5コマとか連射性能は捨てて(残しつつ?)一枚撮り(用)の巻上げレバーを
要は(レンズ固定の)R−D1みたいなイメージですね。

ムリか・・・どぉぞ笑いとばして下さいませ(^^;
かずい
2011/02/13 18:18
>かずいさん
特徴の一つであるハイブリッドビューファインダーを考えるとレンジファインダーは無理そうです
革張りのカバーは面白そうですね
R-D1がやってたのを考えると巻き上げレバーも出来そうですが二番煎じはやらないかな
APS-Cセンサーもレンズの光学特性に合わせた専用設計で、見えないところにコストがかかっているのでしょう

あまり多くは売れないと思いますが、均質化の進むデジタルカメラ業界にこんなカメラがあっても面白いとは思います
まさかど
2011/02/13 18:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
CP+に行って来ました 後編 まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる