まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS マン・オブ・スティール

<<   作成日時 : 2013/09/10 18:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

「マン・オブ・スティール」を観て来ました
※ネタバレ注意です

高度な文明で栄えた惑星クリプトン
しかしその文明ゆえ資源が枯渇し惑星はその生命を終えようとしていた
科学者のジョー=エルは惑星の崩壊を予見し元老院に移住を進言するが却下される
時を同じくしてゾッド将軍がクーデターを起こしジョーにも加わるように要求するが、考え方の相違からジョーは拒否する
ジョーはクリプトン人出生の鍵を握る物質コデックスを密かに持ち出し、生まれたばかりの息子カルに託し地球へと脱出させる
しかしジョーはコデックスを欲するゾッドに殺害されてしまう
ゾッドのクーデターは失敗に終わり元老院に裁かれたゾッドとその仲間はファントム・ゾーンの牢獄に送り込まれる
それからほどなくクリプトンはジョーの予見通りに崩壊する

30年後の地球
アメリカ各地で奇跡が目撃されていた
一人の男が超人的な力で人助けをしながら放浪していたのだ
その男の名はクラーク・ケント
彼こそがクリプトンから地球に送られたジョーの息子カルだった
地球に到着したカルは近くの農場主ジョナサン・ケントと妻のマーサに保護され大切に育てられたのだった
その成長には苦難が付きまとった
成長するに従い超能力を身につけるクラークだったが、その異質さゆえ周囲から疎まれ孤独な少年時代を過ごす
13歳の時川に転落したバスを助けるが、周囲からは恐れられ悩むクラーク
そんなクラークにジョナサンは真実を打ち明け「お前には使命があるはずだ」と諭す
そして青年になったころ悲しい事件が発生する
竜巻に襲われた街でクラークが力を使うのを止めジョナサンが犠牲になってしまったのだ
そしてクラークは父の言葉に従い使命を探す旅に出たのだった

ある時カナダ北部の厚い氷の下に異質な物体が発見される
取材に訪れた記者のロイス・レインは夜中に物体へと向かう男のあとをつける
男が操作盤のようなものに黒い物体を差し入れると物体が起動する
ロイスはセキュリティロボに襲われ重傷を負うが、男に超能力で助けられる
その男こそクラークだった
起動した物体は1万8000年前にクリプトンから飛来した惑星探査船で、クラークはその中で本当の父ジョーの意識と出会い故郷クリプトンの知識を得て、力の使い方を学ぶ

ロイスはクラークの事を記事にするが編集長にボツにされ勝手にネットに流してしまう
クラークのあとを追い続けるロイスはついにクラークと面会するが、その生い立ちと過去を聞いたロイスは記事に書くことをあきらめる

その頃1隻の宇宙船が地球近辺に飛来、地球にある要求メッセージを送ってくる
その主はクリプトンのゾッド将軍、要求は地球に潜むクリプトン人カル=エルの引き渡しだった・・・



この世にヒーロー多しといえども世界で最も有名なヒーローといえば
やはりスーパーマンでしょう
赤マントに青タイツ、そして赤パンツの派手な装束に身を包み颯爽と飛び回る不滅のヒーローです
本作はそんなスーパーマンの誕生の秘密と宿敵ゾッド将軍との戦いを描いた作品です
あ、本作のスーパーマンは赤パンツ履いてませんが・・・

大人になったクラークがことあるごとに少年時代のエピソードを思い出す作りで、時間を追って成長を描いていないのは一ひねりしてありますね
ただ周囲から疎まれた少年時代、また青年になってから直面した哀しみ、そんな時のクラークの心の動きが今一つ伝わりづらい気がします

前半の比較的静かな展開から一転、ゾッド将軍との戦いでは目を見張るような映像が展開し観る者を圧倒
また善良な心を体現しているスーパーマンがゾッドを殺害するのも見方によっては衝撃の展開です
ただゾッドの能力で人が殺されそうになっているのを救うためにゾッドを殺したのですが、その前の空中戦でいったい幾人の被害者が出ていたのか・・・
目の前に見える人は助けるけれど見えない人は・・・という気がしないでもない?
それともあのビル群にはすでに避難してしまってだれもいなかったのかな?

マッチョなクラークはイギリス人俳優のヘンリー・カビルが好演
放浪時代の無精ひげもカッコいいです
クラークを育て人のありようを教える養父にはケビン・コスナー
ロイス・レインはエイミー・アダムス
ロイスは終盤戦いに参加し大活躍で今までのキャラとは一味違いますね

アメリカの善なる心を体現するスーパーマン
その彼が宇宙からやって来た移民であることも、やはり移民の国であるアメリカならではなのかな?
今まで気にしたこともなかったのですが、そんなことを感じてしまいました
また「人間も信頼できない」というクラークに、「まず信じてみる」と諭す牧師も印象的
現実でもネットでも疑心暗鬼になって人を疑うことから始める社会も、まず信じてみることでいくらかよくなるかな
「人を見たら泥棒と思え」なんて考えだと、自分で唐揚1個落としたのに周りの誰かが食べたと疑うような人間になっちゃいますし・・・

それにしても
ロイスはスーパーマンの正体を知っているし、ゾッドのような強敵を最初に出してしまって次回作はあるのでしょうか?
確かにレックス・ルーサーはまだ出てませんが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「マン・オブ・スティール」闘いのシーンがスーパー眩しくてよく分からない
映画「マン・オブ・スティール」★★★★ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス ケビン・コスナー、ダイアン・レイン ラッセル・クロウ、ローレンス・フィッシュバーン出演 ...続きを見る
soramove
2013/10/01 07:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ

マン・オブ・スティール まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる