まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS キャプテンハーロック

<<   作成日時 : 2013/09/13 23:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「キャプテンハーロック」を観て来ました
※ネタバレ注意です

人類が宇宙へと進出した時代
しかし人類は徐々に衰退し、宇宙で生きる人々は故郷地球への帰還を目指し始める
地球にはその人類を受け入れるキャパシティはなく、人々は居住権を争い“カムホーム戦争”と呼ばれる戦争を起こす
戦争に疲弊した人々は地球宙域を何人も立ち入れない不可侵の聖域と定め、ガイア・サンクションと呼ばれる政府が統治するようになる

100年後
広域指名手配犯・宇宙海賊キャプテンハーロックの船アルカディア号が乗組員を募集していると聞きヤマは志願する
難関を突破し乗組員となったヤマにはある秘密があった
ヤマはガイア・サンクションの軍であるガイア・フリートの司令官イソラの弟であり、ハーロックが政府から盗んだある物を探す工作員だった
そのハーロックとその仲間は宇宙の各地に次元振動弾と呼ばれる機械を設置していたが、それこそがヤマの探しているものだった
教育係のケイと次元振動弾の設置に赴いたヤマ
しかし突然の地震に危機に陥りケイを助けて自分は取り残されてしまう
そんなヤマを危険を冒して助けたのはハーロック自身だった
ハーロックの目的を知ったヤマは人類を救う最後の希望としてハーロックに賭ける決断をするのだが、ハーロックはある秘密を隠していた・・・



ワタシ達「999」世代にはなじみ深い松本零士氏のキャラクター「キャプテンハーロック」
そのハーロックが前編フルCGアニメとしてスクリーンに蘇りました
その映像は凄いです
船首から敵艦に突っ込み乗り移って白兵戦を挑む、まさに海賊船の戦い
副長のヤッタランも巨大な斧を振り回していかにも海賊といった戦い方
ダーク・マターと呼ばれる異星人の技術を使って煙に巻かれながら突き進むアルカディア号も、その船首の髑髏と合わせて迫力満点
でもCGゆえかどうも映像がFFっぽく見えてしまう・・・

そしてワタシ的に納得できないのはそのキャラクター
ハーロックってあんな男だったか?
己の信念のもとに何者にも屈せず、自由を愛する義に篤い男じゃなかった?
今作では過去に犯した大罪にさいなまれ、あまつさえ仲間をも欺いて自身の罪を償うためだけに行動する・・・
イソラが「自分の罪を消し去りたいだけだ」というのもわかります
たぶんストーリー的にあえて狙わなかったのでしょうが、そこにはカリスマ性もなく「こんなに小さい男だった?」とワタシなどは感じてしまいます
う〜ん、どうしたもんか・・・
映像もスゴイし圧倒的な強さを誇るアルカディア号も悪くない
それなりに楽しんで観ることはできますがキャラクターがねぇ
「新しいハーロック像を描いてるんだから古いのと比較するな」と言われてもねぇ
「前だけを向いて進む男」みたいにナレーションで語られるけど結果的に後ろしか向いてないように見えてしまう

原作の「宇宙海賊キャプテンハーロック」の終わっていない漫画からTVアニメ、そして映画版「銀河鉄道999」2作などでハーロックに親しんだワタシ
声優の井上真樹夫氏が演じた寡黙でニヒルな男というイメージが強いですね
ワタシの中ではさらに複葉機で“スタンレーの魔女”に挑んだ飛行機乗り、ファントム・F・ハーロックと、その息子で「東部戦線からアフリカ戦線まで幻のように駆け抜けたメッサーシュミットのエース」ルフトバッフェのファントム・F・ハーロックIIもハーロックのイメージに欠かせないキャラ
この二人は映画「わが青春のアルカディア」ではなく、さらに昔「戦場まんがシリーズ」で知ったキャラですね
ともに愛機“わが青春のアルカディア”号を駆ったパイロットでした
もっとも親父の方はほんの少ししか登場しないキャラですけどね
ちなみにワタシが好きなアルカディア号は「999」映画版バージョン
船首の髑髏が迫力でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ

キャプテンハーロック まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる