まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS エリジウム

<<   作成日時 : 2013/10/15 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「エリジウム」を観て来ました
※ネタバレ注意です

21世紀末
地球は環境汚染と人口増加により荒廃が進行
一部の富裕層はスペースコロニー“エリジウム”を建設して地球を脱出した
そこでは高度なテクノロジーによりほぼすべての病気からも解放され、豊かな暮らしが保証されていた
しかし大多数の人々は空に浮かぶエリジウムを羨望の眼差しで見上げながら貧困に苦しむしか術はなかった

2154年
孤児院で育ったマックスは一時犯罪にも手を染めたが、現在はエリジウムも建設した巨大企業アーマダイン社の工場で真面目に働いていた
通勤途中ドロイド警官に目をつけられ反抗的な態度をとったために怪我をしたマックスは、病院で働く幼馴染のフレイと再会する
同じ孤児院で育ったフレイとは幼少の頃「いつか僕がエリジウムに連れて行くよ」と約束したことがあった
工場に戻ったマックスは工場長から「働けるだけでもありがたいと思え」と罵倒される

地上400kmに浮かぶエリジウム
そこに向けて飛ぶ3機のシャトルの姿を捉えるエリジウムのレーダー
防衛長官のデラコートは禁止されている地球のエージェントのクルーガーを使い2機を撃墜、不時着した残りの1機も搭乗者を捕えて地球に強制送還させる
エリジウムの平和を守るため不法侵入者に断固とした対応をとるデラコートに対しエリジウムの総裁は苦言を呈するが、デラコートの中ではそういう柔和な態度をとる総裁すらもエリジウムの平和を脅かす存在として認識されつつあった

ある日マックスは工場で重大な事故に遭ってしまう
致死量を越える照射線を浴びてしまったのだ
しかし会社は5日の余命と診断されたマックスをわずかな薬とともに放逐してしまう
なんとか生き延びたいマックスは昔の知り合いで街の裏側を牛耳るスパイダーに会う
スパイダーはエリジウムの富豪を誘拐し脳データを自分の脳へダウンロードして持ち帰ればエリジウム行きのチケットを渡すと取引を持ちかける
マックスは引き受けエクソスーツと呼ばれる強化外骨格を自分の体に結合させる手術をうける

アーマダイン社の社長カーライルはデラコートと面会し、長期契約を条件にある計画を引き受ける
それはエリジウムのリブートプログラムの開発で、デラコートはそれを用いたクーデターを起こし自分がエリジウムのトップに立つことを目論んでいた
カーライルは開発したプログラムを自分の脳に保存する

一方マックスは自分を余命5日にした挙句何のためらいもなく放り出したカーライルを目標とした襲撃計画を開始する・・・



環境汚染により荒廃した未来
格差はますます広がり大部分の人々が地球上で貧困に苦しみながら暮らす中、一部の富裕層だけが地上を離れた楽園で優雅に暮らす・・・
SFではよくある設定です
そこには何でも治す医療設備があり、ある程度なら寿命も伸ばせるという夢のような世界
最近では「タイム」で長い寿命を持つ富裕層と日がな一日の寿命にあえいで暮らす貧困層の戦いを描いていました

格差社会とか貧困とかそういった問題提起をベースにエンターテイメントとして成立させた作品ではありますが、それぞれのキャラクターが若干弱い気がしますね
主人公のマックスも自分が生き延びるためだけに行動するだけだし(結果的に自分を犠牲にすることになりますが)、エリジウムの平和と秩序を維持したいがためのデラコートのクーデターも陳腐
いくら建設した会社だとはいえ、あんなプログラム一つで簡単に社会が変わったら恐ろしいです
プログラムを変更するために幾重にもセキュリティや承認があってしかるべきシステムになっていなければ
マックスを執拗に追跡し戦いに嬉々として臨むクルーガーもそれだけのキャラにしか見えない
それにしてもデラコート、自分が使っている工作員とはいえなんで地球の汚い男、しかも元凶悪犯のクルーガーに直接文句言いに行くかな?
ああなるのが目に見えている気がして不用心極まりないです

エリジウムというのはギリシャ神話で言うエリュシオン
死後の世界で英雄たちの魂が暮らす楽園とのことです
「タイム」の時も書きましたがエリジウムのような社会って本当に楽園なんでしょうか?
病もなく犯罪もない一見平和な社会ですが、閉ざされた社会というのは極端に変化を恐れ、徐々に衰退していくしかない先のない社会にしか感じません
それでもいつ死ぬかでせめぎ合っている地上から見れば楽園には違いないのでしょうが・・・
映画のようにすべての人にエリジウムのテクノロジーを解放したら人口増加などで見れば負の側面が大きいところもありますね

様々な武器・ギミックが出てくるところも魅力の一つですが・・・
マックスとクルーガーが身につけ拳を交えるエクソスーツ
元は戦闘用じゃなくて人の力を支援して重労働に従事したりするための装備のようですが、人の何倍にも増した力で肉弾戦を行うのは危険じゃないかな?
昔「スプリガン」という漫画で何倍も力を出せる強化服が主人公の自慢の装備でしたが、敵もそれを使っての格闘戦、耐衝撃ということで体はいいですけどむき出しの顔を殴られたらそれだけで死ぬんじゃないかと思ってました
エクソスーツも骨格むき出しで腹などは生身のまま
ボディにパンチ入れられたら内臓破裂とかで死んじゃいそうです
あ、それとマックスがカーライル襲撃に使う車が日産GT-Rだったのは驚きでした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ

エリジウム まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる