まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 清須会議

<<   作成日時 : 2013/12/07 12:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「清須会議」を観て来ました
※ネタバレ注意です

天正十年、織田信長は天下統一目前にして明智光秀の謀反により斃れる
稀代の英雄を失った織田家ではその跡目を誰にするか会議にて決する方針を固める
宿老筆頭の柴田勝家は文武にたけ人格もしっかりした三男の信孝を推すが、明智光秀討伐で急速に力を増しつつあった羽柴秀吉はうつけ者と言われる次男の信雄を擁立して対抗する
勝家・秀吉ともに想いを寄せる信長の妹・お市の方は息子を殺された恨みを秀吉に持っているため勝家に肩入れする
秀吉は信長の弟・信包に応援を要請するがすげなく断られる
劣勢の秀吉が挽回するには勝家一派の宿老で到着が遅れている滝川左近が到着する前に会議を開き、跡継ぎを決めてしまうほかない
そんな秀吉に助け舟を出したのは信包だった
信包の言葉で左近に代わる宿老を選び会議を開くことが決まると、両陣営は宿老候補の池田恒興を懐柔するため行動を開始する
また秀吉陣営は妻の寧を呼び寄せ酒宴を開き家臣の人気取りにいそしむ
一方の勝家はお市に想いを募らせ参謀格の丹羽長秀の頭を悩ませていた・・・



信長の跡取りが会議で決まる−
嫌いじゃないけどそれほど歴史には詳しくないので知りませんでした
でもそりゃそうですよね、信長が死んでも一家臣である秀吉がすぐさま取って代わるはずもなく、権力争いがあったのが普通
その権力争いの場が戦場ではなく会議
それが本作の題材の清須会議です

歴史ドラマなどではあまり取り上げられることのない清須会議が小学生のころから好きだったという三谷幸喜の長年の夢だったというこの映画、コミカルな中にも重厚な人間ドラマが展開されます
今までの作品よりも笑いを抑え、古参の武士らしい勝家とお調子者で人気がある秀吉の対比が見せ場です
お調子者の仮面の裏に秀吉が見せる成り上がり者ならではの悲哀と野望
戦しか知らなかった勝家がお市にうつつを抜かしつつ見せる純粋な想い
後継者争いを軸にそんな勝家と秀吉の生き様を描いています
歴史に詳しい人ならエンディング後の二人の行く末に思いを馳せることでしょう

実直で織田家に忠義を尽くす勝家には役所広司
明るく人気者の秀吉には大泉洋
いたって真面目なテーマの時代劇ではありますがそこは三谷幸喜
各人の言動や振る舞いに笑いのペーソスを加えてます
やってる本人は大真面目なのに見ている方はクスッと笑える・・・
こういうところは三谷幸喜の本領発揮
他には歌舞伎俳優の坂東巳之助が真面目ながらどこか抜けてるところがある感じの信孝を演じてます
ちょっとの役で出ている(長男の信忠)中村勘九郎といい歌舞伎役者は時代劇で映えますね
そして妻夫木聡のバカ殿ぶりもいい感じです
その他出番の少ない前田利家や信包も浅野忠信・伊勢谷友介が印象的に演じてます
登場人物が多いのにそれぞれが結構キャラの立ったうまいキャストになってましたね

殺陣や合戦シーンのない戦国物の時代劇
三谷幸喜の新たな魅力を見せてくれる作品になってますね
そうそう、前作などのキャラが顔見せで出てくることも特徴の三谷映画
今回は時代劇なので無理と思っていたら更科六兵衛さんの姿が

余談ですが・・・
本作で秀吉の旗印の紋を見て思い出したことが
いつだったか「やりすぎ都市伝説」で明治政府になって桐紋が使われたことに対して「薩長が豊臣の復讐を果たした」と説明していて「ふーん」てな具合に聞き流していましたが・・・
考えてみれば毛利も島津も臣従させられただけで特に豊臣に恩もないし都市伝説としては説得力不足
調べてみると桐の紋はもともと天皇家の紋で、特に武家が天皇から賜ることが多かった様子
足利尊氏や豊臣秀吉も天皇から下賜されたものとのこと
徳川時代も制約がなかったので諸大名から庶民まで使用したとか
小判などの貨幣にも用いられたため「政権担当者の紋」という認識が定着し、現在では政府の紋章として使われ定着しているとのこと
明治政府が使用したのは徳川の葵紋を否定する意図があったようで特に豊臣とは関係なさそうです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ

清須会議 まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる