まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS REDリターンズ

<<   作成日時 : 2013/12/15 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「REDリターンズ」を観て来ました
※ネタバレ注意です

元凄腕工作員のフランクと恋人のサラ
普通の生活に満足するフランクだがサラは刺激のない毎日に不満気味
フランクの仲間で親友のマーヴィンが何かとちょっかいを出してくるがフランクは取り合わない
しかし目の前でマーヴィンは車ごと爆破されてしまう
マーヴィンの葬儀の帰り、フランクは怪しい男たちに連行される
男たちはFBIの捜査官だった
取調室でフランクとマーヴィンが関わったとされる“ナイトシェード計画”について尋問されるフランク
シラを切るフランクだったが突然謎の部隊が強襲、FBIは殺害されフランクは追いつめられる
その時フランクを救ったのは死んだはずのマーヴィンとサラだった
事の発端は“ナイトシェード計画”の機密文書がウィキリークスに投稿されたことだった
“ナイトシェード計画”とは米ソ冷戦時代に部品を秘密裏にモスクワに持ち込んで現地で核爆弾を完成させる計画で、責任者で“死のダ・ヴィンチ”と呼ばれるベイリー博士を護衛したのがフランクとマーヴィンだった
しかし博士は暗殺されてしまったのだった
追手を逃れたフランクとマーヴィンは核爆弾を持った国際テロリストとして指名手配されてしまう
機密文書を投稿した人物の情報を得てフランクとマーヴィン、サラの三人はパリへと飛ぶ
その頃イギリスのMI6はフランクとマーヴィンの殺害を二人と旧知のヴィクトリアに命じ、フランクと因縁のある世界最高峰の殺し屋ハンも依頼を受けて動き出していた・・・



現役を引退した凄腕スパイたちの活躍を描いたアクションコメディ「RED/レッド」
予想外に人気があったのか続編が誕生
前作で知り合ったフランクとサラは恋人としてうまくいっていますが、危険から遠ざけようと奮闘するフランクを尻目にサラはどこにでも首を突っ込む性分
前作でも平凡な毎日に飽き飽きして冒険したいなんて言ってるからフランクのトラブルに巻き込まれたんでしたね

今回は冷戦時代に旧ソ連に持ち込まれた核爆弾を巡ってアメリカ、パリ、モスクワ、そしてロンドンを股にかける大スケール
「007」ばりのスパイ映画っぽくなってきました
ブルース・ウィリスも最近ロシアに縁がありますなあ
「ダイ・ハード」もロシアが舞台でしたし
ロシアの女スパイ・カーチャが絡む辺りも「007」っぽい?

フランク一行はどこに行っても大暴れ
本人は大真面目でもコミカルに見えるマーヴィンは言うに及ばず、カーチャに対して嫉妬と敵対心に燃えるサラの暴走ぶりも笑えます
しかし重要な場面では“女”の力を使って情報を引き出します
まああの程度でコロッと落ちてしまう男もどうかと思いますが・・・
暴走と言えば刺客のハンもスゴイ
フランクと顔を合わせるたびに「俺の飛行機は?」と私怨に走っているとしか思えない
街中でのガトリングガンのぶっ放し方もすごかった

フランクはもちろんブルース・ウィリス
嫌味じゃないですがウィリスは何を演じてもブルース・ウィリスって感じですね
そこがいいんでしょうけど・・・
マーヴィンにはジョン・マルコヴィッチ
相変わらずいっちゃってる性格ですがキレ者らしいところも見せてますね
嫉妬の炎を燃やすサラはメアリー=ルイーズ・パーカー
2CVでのカーチェイスやターゲットを罠にかけて落とすなどスパイとしての素質が開花?
殺し屋ハンには韓国を代表するイ・ビョンホン
普段クールなイメージのビョンホンですが今作では結構笑わせてくれます
初登場シーンの全裸は必要だったのかと思いますが、すごい肉体美を披露してます
最重要人物のベイリー博士はアンソニー・ホプキンス
ちょっと認知症っぽいじいさんと見せかけて曲者感存分のベイリーを軽く演じてます

ストーリー展開も黒幕も一昔前のスパイ映画っぽい感じですがそこはアクションコメディ
気軽に観て楽しめる作品です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ

REDリターンズ まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる