まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 中井精也スペシャルの使い勝手は

<<   作成日時 : 2014/04/11 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日購入したヘラルダー 39mini 中井精也スペシャルモデル

ここ二回の個撮で使用してみましたがその使い勝手はいかがでしょう?
D3とDfで比較してみます
画像
D3・Df・24-70mm・50mm・85mmを用意

画像
購入時の記事には書きませんでしたが、横にはスペシャルモデルのタグがありました
というか先日個撮に出かけた際に電車の網棚に乗せた時に気がついたのですが・・・

画像
D3+24-70mm+50mm+85mm
D3は24-70をつけた状態では入らないのでレンズは別々に入れました
かなりキツキツですが一応入ります
個撮ではカメラは出しっぱなしになるので問題ないです
カメラをしまってからふと撮りたいものと出会った時にはいちいちレンズをつけなくちゃなりませんな

画像
Df+24-70mm+50mm+85mm
Dfは24-70をつけたまま縦に入れられます
まだ余裕があるので単焦点1〜2本や70-300mm位のズームも入りそうです

画像
メインのジッパーは開口部が大きいです
しかし大きく湾曲した形のせいか開け閉めが少しやりづらいです

そんな時は・・・
画像
バッグ上部のジッパー
メインのふたを開けなくてもこのジッパーからレンズの出し入れが可能
Dfならカメラも突っ込んでおけます
天王洲の個撮の時は重宝しました

その他の使い勝手で言うと
画像
メインのジッパーを開けた内に大きなポケットがあります
それ以外にメモリーカードなどの小物を入れておけるポケットがないのがワタシ的には不便
ふたの外側にジッパーで開け閉めできる小型の小物入れがあるといいのですが

そのポケットの下側には
画像
三脚ホルダーが内蔵
この中から引っ張り出して三脚を固定するようです

その他背面にはレインカバーやキャリーバッグに固定するためのベルトなどを装備
三脚ホルダーの写真で見えるように底面は革張りになっていてカメラバッグっぽくない洒落たつくりです
Dfはもちろん一応D3も持ち歩けますし、これからの撮影行に活躍してくれそうですね
やっぱりDf+単焦点数本が似合うかな

中井氏絡みでは先日発売になった氏の写真集「1日1鉄!」も購入しました
画像
ハードカバー、4860円の豪華版
ワタシは特に撮り鉄ではありませんが「ゆる鉄」に代表される氏の作風が結構好きですし、風景に溶け込んだ鉄道写真が好きですね
車両メインの形式写真的なものはあまり興味はありませんが・・・
TVやイベントでお見かけする中井氏の雰囲気もいいですしその体型は他人とは思えない?
画像
2012/4 「DREAM TRAIN」写真展にて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ

中井精也スペシャルの使い勝手は まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる