まさかどのふぁっとぼーいな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 西伊豆の海岸線を行く

<<   作成日時 : 2014/05/02 10:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

伊豆旅行二日目

画像
石廊崎
二日目は下田から石廊崎をまわり西伊豆の海岸線を北上
ワタシは訪れるのは初(たぶん)
では二日目の模様を

朝目覚めると未明まで降っていた雨はやんでいる模様
ホテルから近い鍋田浜に行ってみます
画像
鍋田浜海水浴場
雲間から青空が見え始め天気の回復は早そう
朝風呂に入り朝食を摂って8時半には出発

まずは南伊豆の景勝地石廊崎へ
画像
石廊崎港
ここから石廊崎まで歩きます

画像
15分ほどで到着
水平線が丸く見えるという石廊崎
なんとなく丸く見える?(たぶんレンズの収差でしょう)

ここには二つの社があります
画像
岩壁に埋まったような石室神社と

画像
突端にある熊野神社
熊野神社は縁結びのご利益があるらしく絵馬はそれらしいものが多いです

画像
切り立った崖の上なので風が強くて怖いです

画像
打ちつける波を見ていると吸い込まれそう

港まで帰ってきました
画像
ひなびた港をノクトン開放のモノクロで

この先は西伊豆の海岸線をひたすら北上
いくつかの入り江の漁港を見下ろしながらひた走ります
画像
ここは雲見
だいぶ青空が広がり西伊豆らしいきれいな海が望めるように
24mmでも画角が足りないですね〜

西伊豆を代表する景勝地堂ヶ島へ
画像
海に浸食された海岸線が広がっています

画像


ここの見どころは何と言っても
画像
天窓洞
天然記念物に指定されている天窓洞は、やはり海の浸食によってできたもの

上から見ていると
画像
遊覧船がやって来ます
ここはやっぱり遊覧船で下から眺めないとダメだったかな

堂ヶ島からしばらく北上
土肥から内陸へと入り西伊豆スカイラインへ
画像
東の伊豆スカイラインと並ぶ快走路
伊豆スカイラインが有料なのに対し無料ですが若干マイナーな道だとか
南の西天城高原線と合わせて戸田峠から仁科峠まで走るのがいいらしいです

画像
眼下に望むのは戸田

戸田峠から修善寺方面に下るとすぐに現れるのが
画像
だるま山高原レストハウス

画像
駿河湾越しに富士山が望めるビューポイント
ですが残念ながら富士山は見えず

バイクの予定が雨のため車になってしまいましたが、二日目はそこそこ天気も良く楽しんできました
GWは混雑が激しそうなのでもうどこにも出かけられないかな
一度くらいはバイクでお出かけしたいところです

機材
 Nikon Df
 Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 COSINA NOKTON 58mm F1.4 SLII

さて、これにも触れておきましょう
昨日は2014年5月1日
アイルトン・セナが事故死して20年経つのですね
フジテレビの中継でF1に慣れ親しんだ者としてあの事故は衝撃的でした
ホンダとの密接な関係もあり日本人ファンも多かったセナ
当時のファンの間ではいつまでも忘れられない存在です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
バイクで行けなかったのは残念ですが
車は車で楽しかったのでは?
雲見懐かしいですなぁ
会社の先輩方とツーリングで行ったのは
もう25年も前か
わーるういんど
2014/05/02 22:37
>わーるういんどさん
そういえばわーるさんはツーリングに行ってましたね
まだCBRの頃ですか

ワタシは西伊豆は初めてで海がきれいに見えました
堂ヶ島には「真夏の方程式」のロケマップなんかも置いてありましたよ
まさかど
2014/05/02 22:53

コメントする help

ニックネーム
本 文

PHOTOHITOブログパーツ

西伊豆の海岸線を行く まさかどのふぁっとぼーいな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる